「恐れないで、ただ信じていなさい。」
マルコ 5 : 36
一匹のひつじのホームページです。教会しかあなたを救えないってほんと?。わたしたちが、主を呼び求めるのに教会の認証が必要なのでしょうか。
もし、そうなら、主の残された救いは、はなはだ中途半端で、不完全なものです。教会とうまくいかないひと、兄弟姉妹とのコミュニケーションがとれないひと、仕事柄礼拝にでれないひとは、救われないことになります。
もし、はみだして、迷ったなら、ひとを見ずに、主を見あげ求めましょう。なぜなら、神のお約束は、完全で完璧だからです。
いっさいひとの儀式的な認証や手続きをふみません。
わたしたちが、いま、ここにいるのは、希薄な信仰や行いからではなく、神の愛と、許しと、哀れみに、ほかならないからです。
そして、それこそが、神からわたしたちへなされた、たったひとつの永遠の約束なのです。
いま、どのように哀れでみじめであろうとも、この約束を信じる限り、神もまた、そのお約束を、約束どうり、わたしたちにはたしてくださいます。
そして、その唯一の約束こそが、神の子主イエスを信じる信仰にほかなりません。
区切り線 区切り線 170 名前: アイ 投稿日: 2003/10/25(土) 21:43
子羊さま
>天国については、私は、新約>使徒 なので、
>マタイ7:21 言葉より行い となります 新約
>使徒というのは福音書のみを採用するということなのでしょうか?。
マタイ7:21なのですが、「主の御心を行う」という部分で考えさせられるのが、ルカ23章39〜43なのですが、この犯罪人はイエスへの信仰によってパラダイス行きを約束されたように見えますよね?
そうなると、主の御心を行うとは、結局のところ「信じる」ということになるのですね。。。
この犯罪人も十字架に付けられているので、究極行いたくても行えないのですものね。とにかく、神様はちゃんと見ていてくださるし、見られてますよ〜ってことでもありますね。
区切り線わたしたちが、哀れみ深い神から授かったのは、敬虔による信仰のはずです。神が見返りなしに一方的にくださった愛と許しと哀れみを、自分を中心に据えた、偶像信仰としていないでしょうか。

御利益(ごりやく)がないから、自分の得にならないから、 神様がしてくださらないから、だから自分の信仰が薄い、神の御心でなかったと。
いつから、みずから神殿の中央に座り、あんな神が良い、こんな神であるべきだと、自分に見合う神を選び、神すらかってに造りだしたのでしょうか。

そのことを誰も裁きません。ただ、そのいやしい、わがままな、よこしまな心が自分自身を裏切り、自分で自分みずからを殺しているのではないでしょうか。

わたしたちが、信じてなお悪くなることが、はたして神のせいでしょうか、永遠の許しと和解を与えられ、まだ、あれが足りない、これが足りないと、わが神に向かい呪いのことばを吐くのでしょうか。

多くのことは、努力と忍耐で、そのひと本人の問題です。金も地位も名誉も人間関係も。
しかし、どのようなひとも、努力と忍耐をしても勝ち取ることができないのが、わが神から与えられた、永遠の許しと和解だったはずです。

わたしたちが、最初に切り出された岩、掘り出された穴を常に思い起こして、最初の信仰を捨てるべきではありません。
そして、それは、わが神から、直接あなたに啓示されたものだったはずです。ひとや教会や世の中をみて、忘れ去るべきものではありません。

たとえ、あなたが、たったひとりになったとしても、あなたが捧げる礼拝は、ひとりでも礼拝です。 あなたが礼拝所であり神殿です。

わが救い主は、いわれたではありませんか。2人もしくは3人が、祈るとき、わたしも、その中にいると。数を数えてください。間違わないでください。あなたがひとりでも、主が、ともにいてくださるなら2人です。
区切り線主の十字架のこと
主の十字架クリスチャンセンターの健全化について、脱退した牧師よりの提言(97)